カテゴリー

ふるさと納税×山口ゆめ花博/さとめぐりオススメランキング/目安計算

ふるさと納税×山口ゆめ花博/さとめぐりオススメランキング/目安計算

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

ふるさと納税×山口ゆめ花博
さとめぐりオススメランキング

こんちは!
おっさんバーテンダー(@miyuuji)です

今日は
「ふるさと納税」についてだよ!
ふるさと納税の利用率は約10%と、
国民の10人に1人が利用している状況だから
今さら聞けない「ふるさと納税」(泣)

「ふるさと納税」って
地域を応援出来て、その上
その地域の魅力的な特産品をお礼としてもらえる
そして税金面でもお得っていうトコロぐらいまで知ってるけど
具体的にどれぐらいの金額がお得になるの?
って聞かれると・・・??分からない…

お得になる金額は
実は、1年間の寄附総額のうち2000円を超える金額全部だったんだよ

⇒  実質負担2000円のふるさと納税で温泉旅行へ出かけませんか
山口県の魅力が詰まったふるさと納税サイトは「さとめぐり」


寄附総額が1万円だったら8000円、
5万円だったら48,000円、
10万円だったら98,000円…が得する金額だったんだよ(←驚きだわ)
所得によって上限が違うから
詳しくは以下を読んでね

■ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」は、「納税」という言葉が使われてるけど、
実は自治体に対して行う「寄附」のことだよね。
対象となる自治体は、自分が生まれたトコだけじゃなくて
日本全国どこでも好きなところでOKだね。

自治体ごとに、寄附のお礼という意味で
金額に応じた特産品や特典をもらえるから、
まるでお取り寄せのような感覚を楽しみながら
寄附ができるっていうことで注目を集めてるんだね、

その上、実は寄附をした年額のうち2000円を超える金額分は、
住民税や所得税が安くなるという、
知っている人は大変得をする制度なんだよ!


⇒  ゆめの未来公園はじまる山口ゆめ花博
「さとめぐり」のふるさと納税で入場チケットや山口県特産品をゲット!

■ふるさと納税をしたら税金は払わなくていいの?

自分の限度額内(収入や世帯環境によって違いあり)であれば、
実質2000円の出費だけで自治体に寄附ができ、
返礼品ももらえるところが、ふるさと納税の最もお得なシステム。

これは、ひとつの寄付(返戻品)に対して2,000円じゃなくて
年間2,000円!だから沢山寄付をすると、2,000円を超えた返戻品は
タダで貰える?みたいな事になってくるわけだね

実質2000円の出費で済むのは、
2000円を超えた寄附金(限度内)はすべて、
確定申告をすることで税金から全額控除されるためだよ。
だから、税金分以上の控除は出来ないから
寄附金の総額がその上限金額を超えてしまえば、
その分は自己負担となるから注意が必要!

そして控除分は翌年度分の住民税から減額されたり、
その年の所得税から還付を受けることができるから、
実際の負担は2000円のみとなるというわけ。

コチラから大体の金額が分かる控除金額の目安を見る

■ふるさと納税は誰でもできるの?

基本的に寄附だから誰でも出来るけど、
支払う税金が控除される仕組みだから、
前提として住民税や所得税の支払いがある人が
メリットを受けられるって事だね

だから専業主婦の人は税金を払っている夫の名義で
寄附をしましょう。
ちなみに、共働きで妻の給与収入が141万円以上あり
配偶者(特別)控除の適用を受けていない場合は、
夫婦それぞれに上限金額があるということになるから、
2人ともふるさと納税をお得に利用できちゃうよ!

■ふるさと納税の手続きの流れ

ふるさと納税は、
●確定申告を行う方法
●ワンストップ特例制度を利用する方法
の二種類の方法があるよ

またヤヤコシイって思った?
ワンストップ特例制度は新たに出来た
便利な方法なんだけど
大雑把で言えば
サラリーマンの方は
ワンストップ特例制度を利用した方が簡単!
只、自営業の方などはこの制度利用出来ないんだよね…

◎確定申告する場合

STEP1:自分の寄附限度額の目安を確認。
コチラから大体の金額が分かる控除金額の目安を見る

STEP2:寄附する自治体(返礼品)を選び、寄附を申込み、入金
STEP3:自治体から返礼品と寄附金受領証明書を受け取る
STEP4:1年分(1月~12月)をまとめた寄附金受領証明書を添付して、翌年の確定申告で寄附金控除の申請をする
STEP5:2000円を除き、所得税と住民税として控除されるよ

◎ワンストップ特例制度を利用する場合

STEP1〜4 は同じ
STEP4:ワンストップ特例申請書を自治体へ送付
STEP5:2000円を除き、翌年の住民税で控除されるよ
※会社員や公務員ならこちらが楽になるよ。


⇒  実質負担2000円のふるさと納税で温泉旅行へ出かけませんか
山口県の魅力が詰まったふるさと納税サイトは「さとめぐり」

■申請をより詳しく

●申告手続き
◎確定申告を行う場合

・原則として翌年2月16日から3月15日の間に、
住所地の税務署に確定申告書を提出しする。
・1年間分すべての「寄附金受領証明書」の添付が必要。

申告書の作成には、国税庁HPの確定申告特集を利用すると便利。

◎「ワンストップ特例制度」を利用する場合

・寄附を行った自治体それぞれに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出すると、住んでいる市区町村へ寄附先の自治体が情報を連絡。

自治体への申告特例申請書の提出期限は、翌年の1月10日まで。

●「ワンストップ特例制度」を利用した場合
自己負担を超える分すべてが翌年度の住民税から控除。
●確定申告の場合
寄附をした年の所得税が還付され、翌年度の住民税から控除。

申請方法が違っても、限度額内の寄附であればトータルの減税額は同じ。

⇒  実質負担2000円のふるさと納税で温泉旅行へ出かけませんか
山口県の魅力が詰まったふるさと納税サイトは「さとめぐり」

■ふるさと納税の達人

最も大切なことは、税金控除の仕組みをフル活用すること。

例えば給与所得者であるAさんが、
5つの自治体に各1万円ずつ年間5万円を寄附したとします。
その5万円が自分の全額控除できる上限金額内であれば、
自己負担を除いた4万8000円について、
「ワンストップ特例制度」を利用することによって
翌年度の住民税から控除されます。
つまり、実質の負担は2000円のみということになるのです。

※課税所得金額に応じた制度のため、自己負担金は2000円以上になる場合があります。
※個人事業主など給与所得者以外の方は、確定申告を行う必要があります。

コチラから大体の金額が分かる控除金額の目安を見る

■今秋おすすめの自治体

今秋「山口ゆめ花博」が開催される山口県。(9/14-11/4)



⇒ 「さとめぐり」のふるさと納税を使って今年の秋は家族揃ってゆめの未来公園へ

ふるさと納税といえば、
モノ(特産品)をもらう認識が広まってるんだけど
「山口県さとめぐり」サービスは、なんと!
特産品ももちろんあるし

山口ゆめ花博の入場券
そして、そして、
山口県の旅館の宿泊券もあるんだよぉ
だから実質2,000円で
山口温泉旅行とゆめ花博を堪能することが出来るんだよ!

●「山口ゆめ花博」は、「ゆめの未来公園はじまる!」をキャッチフレーズに、1000万本の花や1000のイベント、体験プログラム、ナイトプログラムなど「見て」「参加」して楽しめるコンテンツが満載の万博だよ。

●旅館宿泊券商品の中には、ロシアのプーチン大統領も宿泊した「大谷山荘」もラインナップ!

ペアで一泊33万円の部屋なんて

私、泊まったことないけど

こんな部屋でも実質負担2,000円で泊まれるって?

 

こちらが、ロシアのプーチン大統領も宿泊した「大谷山荘」。

 

只・・・こんな記事を書きながら

30万や20万の控除が受けれる所得者って…

年収なんぼ貰ってるねん!っていう気持ちも(苦笑)

扶養家族の人数や医療控除等のこともあるけど

実際、私の申告している年収で計算してみると

年間5万円を上限として、それが実質2,000円の負担

って感じかなぁ。

 

それでも、48,000円分もお得になるんだから

「ふるさと納税」で寄付するのアリだわ(笑)

大体、5万円の寄付で以下のような返礼品が貰えるよ

コチラから大体の金額が分かる控除金額の目安を見る


⇒  実質負担2000円のふるさと納税で温泉旅行へ出かけませんか
山口県の魅力が詰まったふるさと納税サイトは「さとめぐり」

本日も最後までお読み頂き、有り難うございました



グロースファクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles