カテゴリー


ブログで伝えたいこと

大昔の人たちは、自給自足と「物々交換」だけで生きてきた。
その日獲れた魚を、その日仕留めた猪と交換した。
そしてその人たちは、二人とも納得して心から喜んだ。

 

でも、ある人が考えた…。

(1)皆が欲しがるもの
(2)収集・分配可能なもの
(3)持ち運びやすく、保存できるもの

そして見つけてしまった。
お金という名の便利で厄介なモノ
そこから皆、世間との比較という馬鹿らしい悩み事が始まった…。

 

お金に関わる心に響く格言
金は良い召使いだが、悪い主人でもある。」ベンジャミン・フランクリン

お金に振り回されるな、って再確認出来る格言。ちょっと気持ちが負けると「お金」にこき使われてしまう。

「お金があればかなり良い犬を買うことができる。だが、お金で犬に尻尾を振らせることはできない。」ジョシュ・ビリングス

お金の限界が分かる言葉。いくらお金持ちになったって…。

「私は貧乏だったことがない。ただ金欠だっただけだ。貧乏とは心の有り様を言い、金欠とは一時的な状況を言う。」マイク・トッド

これからは、長期間お金が無かろうと貧乏とは思わない。「金欠」だと考えよう。

「ああ、金、金!この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか。」トルストイ

そう、生活が便利になるための単なる道具の一種であるはずの「お金」のために人生が面白くなくなるって事だけは避けたいですね。

「労働者の場合、資本家が儲けるとき、必ず儲けるとはいえないが、資本家が損をするときには、必ず損をする。」カール・マルクス
「銀行家というのは、太陽が照っているときに自分の傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや、それを返せと言うような奴だ。」マーク・トウェイン
「金は肥料のようなものだ。ばらまけば役に立つが、一ヶ所に積んでおくと非常に臭い。」クリント・W・マーチソン

 

 

以上、私の大好きな言葉たちです。

そしてこのブログは、

「お金っていう“しょうもない”モノに振り回されない人生を送ろう」

って事について呟いています。

そのために、お金に関する知恵、節約、副業などなど…。

 

ご興味あれば、どうぞご覧下さい。

 

とあるビルの最上階に居座る…

法律家崩れの「おっさんバーテンダー」の戯言ブログ。